三男パパのHP更新奮闘記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | EDIT | TOP

FC2ブログのTwitterとの連携機能 ~GTIへのオマージュ~

FC2ブログにはTwitterとの連携機能が付いています。
できることは以下の2つです。

  • ブログの更新をTwitterへ通知する
    ブログを更新するとそのお知らせをURL付きで自動的にツイートしてくれます。
    詳細はこのエントリでご紹介。

  • ツイートまとめ機能
    ツイートを毎日まとめて記事にすることができます。
  • ツイートの並び順を、「降順」「昇順」から選択できます
    Twitterに慣れていない読者の方を考慮し、私は「昇順」(上から時系列順)を選んでいます。
  • リプライをまとめるかどうか選択できます
    リプライは流れが分からないと訳が分からないので、私はリプライを除いてまとめる(途中に「@ユーザー名」が含まれるツイートは含まれる)設定にしています。

本日はFC2ブロガーの皆様のために「ブログの更新をTwitterへ通知する」設定方法を詳しくご紹介。
特にTwitterとブログを楽しんでくれているI氏のために、感謝の意を表して書きましたw

ブログの更新をTwitterへ通知する

FC2ブログの管理画面にログインすると、
以下のような「投稿画面」(または「お知らせ」画面)が開きます。
ここで、まず右上の「環境設定の変更」をクリックします。

Twitterとの連携(1)

次に表示される以下のような画面で、
「ブログの設定」から「Twitterとの連携」をクリック。

Twitterとの連携(2)

すると以下のような「Twitterとの連携」を設定する画面にジャンプします。

Twitterとの連携(3)

メッセージの書式設定方法

ここで「メッセージの書式」(ツイート内容)を設定するのですが、
その際に使える単変数は以下の通りです。

<%title>エントリタイトル
<%url>エントリURL
<%shorturl>エントリURL(短縮URL)
<%blogname>ブログタイトル

上記の単変数と任意の文字列(タグに使われる< >などは除く)を組み合わせて、
自由にツイート内容をカスタマイズすることができます。

例えば、
<%blogname>からブログ更新のお知らせ】「<%title><%shorturl>
とすれば、ツイート内容は

knob_papa 【三男パパのHP更新奮闘記からブログ更新のお知らせ】「GRAND ARCHIVESに思う人生における偶然の出会い」 http://j.mp/cX45Jy
8:46 PM Jul 24th FC2 Blog Notifyから

となるわけです。
私はシンプルに“[ブログ更新]<%title> <%shorturl>”としています。

リツイートされる可能性を考えると、ツイート内容はできるだけ「シンプル」かつ「分かりやすく」し、
URLは「短縮URL」を使うことをおすすめします。

下書き・再編集する場合には注意

「ブログの更新をTwitterに通知する」設定をしている場合、
エントリを下書きしたり再編集したりする場合には注意が必要です。

下書き・再編集をする際、そのまま「記事を保存」ボタンを押すと、
そのたびにTwitterにツイートされてしまいます。
そのようなことが起こらないよう、エントリ編集画面の最下部にある「記事の設定」欄の
以下のチェックを外してから保存するように気を付けましょう。

Twitterとの連携(4)

@knob_papa
Twitterもやっています!
関連記事
07:34 | Trackback : 0 | Comment : 0 | EDIT | TOP
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://mains1011.blog24.fc2.com/tb.php/287-801d836e
検索フォーム
スポンサーリンク
なかのひと

三男パパ

Author三男パパ

Twitter@knob_papa
FacebookNobuyasu Kamata
Instagramknobpapa
生まれ東京都
住み処埼玉県

独学で自社関連のWebサイトを作っています。こんなサイトとか、あんなサイトとか。お暇ならどうぞ。

on-line:/total:

カテゴリ

openclose

最新記事
メールフォーム
ご意見・ご感想をお寄せください

お名前:

メアド:

件名:

本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。