三男パパのHP更新奮闘記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | EDIT | TOP

SEKAI NO OWARI 『INORI』

最近お気に入りのバンド“SEKAI NO OWARI(旧「世界の終わり」)”のご紹介。

2011年8月17日にリリースしたメジャーデビューシングル『INORI』。
これがえらくファンタスティックな完成度なんです。

『INORI』には「花鳥風月」「不死鳥」「Never Ending World」の3曲が収録されており、「トリプルリードシングル」と銘打っているだけあってどれも甲乙つけがたいクオリティ(個人的には「不死鳥」がお気に入り)。しかも全て異なるメンバーが作曲しているという!才能のあるコンポーザーが3人もいるっていうのはすごいですねぇ。

フリッパーズギターの小山田圭吾やBUMP OF CHICKENの藤原基央、はたまた徳永英明を彷彿とさせる独特のボーカルも素敵な雰囲気を醸し出しています。

『INORI』収録の3曲の映像をミックスしたPVがこちら。ピエロのお面をかぶったLOVE(註:メンバー)が若干不気味ですが…w



もちろんソッコーでAmazonでポチりましたよ!w

INORI
INORI
posted with amazlet at 14.01.24
SEKAI NO OWARI
トイズファクトリー (2011-08-17)
売り上げランキング: 2,899

万人にお勧めできる楽曲かと思いますが、特にフリッパーズギターやスピッツを愛して止まない方にオススメ!ぜひご一聴ください。

こんな素敵なバンドがブレイクしないはずがない!要チェックですよ!

スポンサーサイト
18:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | EDIT | TOP

[F-11Cレビュー]F-11Cの良いところ・悪いところ



激・愛用中のF-11Cですが、「F-11Cの良いところ・悪いところ」と題して、その魅力と次モデル*1に向けての課題を挙げてみましょう。

F-11Cの良いところ
  • 外観デザインが素晴らしい
    詳細はこちらのエントリをご覧ください。とにかく所有満足度の高い端末です。
  • F純正ソフト
    SHと共通のプラットフォーム(OPP)を導入する前の*2、F独自のソフトが搭載されています。F-07B/F-08Bが最後の搭載機種だと思っていたのですが、コスト削減が功を奏して(?)F-11Cにもまんまと搭載されました。往年のFファンにとっては垂涎の一品ですw
  • いろいろ使いやすい
    上記のF純正ソフトが入っていることにより、OPP導入後に使いにくくなった様々な点が使いやすく改良されています*3。というか、元に戻っただけですがw やはり昔ながらのFソフトは使いやすいな、と。
  • バッテリーの持ちが良い
    実は、今までに1度もバッテリー表示(3段階)が2つに減ったのを見たことがありません…w そんなにハードに使う方ではないのは確かですが、F-09Cと比べると雲泥の差があります。
  • オープンアシストボタン
    ボタンを押したときの音が若干気になりますが、やはり便利ですね。
  • キー押下音が静かになった
    F-03Cとの比較ですが、F-03Cですごく耳障りだったキー押下音がF-07B並みに静かになりました。
  • くーまんに癒されまふ
    概してマチキャラは邪魔者扱いされがちですが、くーまんはイイですよー。癒されます。
  • 安い!
    ドコモショップでの販売価格は、F-09Cの66,990円に対して、F-11Cは39,270円です*4。30,000円近い差は大きいですね。安いなりに一部の機能・スペックが抑えられていますが、普通にケータイを使う上では全く問題ないかと。

F-11Cの悪いところ
  • 気付きにくいバイブ
    F-02C/F-03Cと同様、バイブのモーターの震え方が普通と違います。「ブー」ではなく「ウィーン」という感じです。ポケットの中に入れていてもバイブしていることに気付きにくいです。これはイマイチ!前回のケータイ会議でも指摘した点ですので、ぜひとも改善してほしかったですねぇ…。
  • 指紋が目立つ
    これはもう、美しい外観と引き替えに犠牲になった点ですので、致し方ないことでしょう。割り切ってトレシーを持ち歩きましょうw
  • やや抑えられたスペック
    端末価格を抑えるために、GPSやBluetoothには非対応です。またカメラも510万画素でフラッシュなしと、ややスペックが抑えられています。個人的にBluetoothは全く使わないので問題ないのですが、GPSが付いていないのはちょっと不便ですね。Googleマップやfoursquareは使えませんが、なぜかロケタッチは使えます。ただ、オートGPSに対応していないがために、バッテリーの持ちが良くなっていると思われますので、スペックダウンも一長一短といったところでしょうか。

まとめ
“Zokkon命”*5なF-11Cですのでかなり偏った評価になってしまったと思いますが、それを差し引いても非常に良い端末だと思います。

そもそも富士通のフラグシップモデルはいろいろ機能を詰め込みすぎだと思うんですよね…。「ケータイ電話」なんですから、電話とメールができればそれで十分かと。3Dもタッチパネルも要らないんじゃないかなぁ…。基本機能をしっかり押さえて、あとは「デザイン」や「端末の薄さ」など、所有満足度が上がるような付加価値を与えれば、すごく良いケータイになると思うんですよね。まあ、あくまで私見ですが。

*1 : 出るのか!?w
*2 : 正直なところOPPが何たるか正確には理解していませんので、この程度の表現にとどめておきますw
*3 : いろいろ挙げられますが、特に文字入力時の文字種切替(漢字・カタカナ・アルファベット・数字の切替)が直感的に操作できるようになりました。
*4 : docomoショップ草加店/2011年8月11日現在。docomoショップに直接電話して調査しました。
*5 : シブがき隊5枚目のシングル。「Zokkon命」と書いて「ゾッコン・ラブ」と読みます。森雪之丞節全開ですw

F-09C/F-12C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイト
F-09C/F-12C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイトへ
TAG : F-11C
03:00 | Trackback : 0 | Comment : 0 | EDIT | TOP

オメガ・スピードマスター・プロフェッショナル(3570.50)購入

omega_speedmaster_003.jpg

散々迷った挙げ句、オメガ・スピードマスター・プロフェッショナル(3570.50)を購入。

オメガ・スピードマスターは機械式腕時計の王道中の王道です。あまりにも有名ですので、ご存じの方も多いことでしょう。テレビドラマや映画、漫画等でもよく見かける腕時計です。

スピードマスターの中でもこの「プロフェッショナル」は、NASA(アメリカ航空宇宙局)の公式腕時計であり、アポロ計画でも使用され、月面に降り立った最初の腕時計でもあります。現在でも、宇宙での船外活動時にはこの腕時計以外の使用は認められていないそうです。

omega_speedmaster_001.jpg

omega_speedmaster_002.jpg

ドーム型のプラスチック風防がすごくいい味わいを出していますよ。プラ風防はサファイヤガラス風防よりもずっと傷つきやすいですが、傷も時計の味わいを深める1つの要因だと思いますし、かの有名なサンエーパールを使えば、よほど深い傷でなければきれいさっぱり消せます。サンエーパールのレビューは別エントリで。

下記にAmazonのリンクを張っておきますので、興味がある方はぜひどうぞ。レトロなのにモダンな雰囲気がたまらなくかっちょいいですよー!w



14:27 | Trackback : 0 | Comment : 0 | EDIT | TOP

[F-11Cレビュー]高級感たっぷりの外観をチェック



大人の事情により順番が逆になってしまいましたが、ざっとF-11C(NAVY)の外観レビューをば。

女性をターゲットとしたF-10Cに対し、どちらかと言えば大人の男性をターゲットにした「オトナ男子力UP!」ケータイですw

外観レビュー

▲クリアパネルとメタルエッジが際立つスタイリッシュな外観

全体的にスリムでスタイリッシュ。とにかく格好良すぎます。個人的にはF-03Cの「ちょいエロパープル*1」の方が好きでしたが、F-11CのNAVYもなかなかのもの。上記の写真では分かりにくいですが、クリアパネルから透けて見えるヘアラインの質感がかなりの高級感を醸し出していて、「オトナ男子心」をくすぐります。

難点はとにかく指紋が目立つという点ですかね…。指紋が気になる場合は、トレシー*2は必携かとw 私は常に持ち歩いて、定期的にキレイに拭いています。

F-11C_002.jpg
▲ゴールドに輝くオープンアシストボタン

メタルエッジと同色のゴールドに加工されたオープンアシストボタン。1度オープンアシストボタンに慣れてしまうと、非搭載のケータイには戻りづらくなること請け合いw 必須とまでは言いませんが、個人的にはできるだけ搭載してほしい機能です。

F-11C_003.jpg
▲サイドキー

前モデルのF-03Cと同様、ヒンジ側の「カメラキー」が他の2つよりも大きめに作られています。私はこのキーの長押し設定に「ICカードロック設定/解除」を割り当てているのですが、大きさの違いによる押しやすさ・判別のしやすさに、メーカーのさりげない心遣いが感じられます。

F-11C_004.jpg
▲ヒンジ側からのビュー

F-11C_005.jpg
▲ダイヤルキー部分

F-11C_006.jpg
▲レンズ・指紋センサー周り

ダイヤルキーやカメラ周りは非常にオーソドックスなデザインです。可もなく不可もなくという感じでしょうか。カメラは510万画素という(最近のケータイにしては)やや低スペックですが、個人的にはケータイのカメラはほとんど使用しませんので、全く気になりません。ケータイのカメラを頻繁に、かつメインで使用する場合は注意が必要かもしれません。

「セキュリティのF」が誇る指紋センサーは、F-11Cにも当然搭載されています。個人的には、もう指紋認証のないケータイを使うことはおそらくないでしょう。特におサイフケータイユーザーとしてはなくてはならない機能です。

外観総評
非常に所有満足度の高いケータイです。F-11Cといい、前モデルのF-03Cといい、富士通のSMARTシリーズはスタイリッシュなモデルが多いですね。SMARTシリーズというコンセプトにこだわらず、ガジェットの「見た目」にこだわる人にぜひ使ってほしい端末です。

*1 : もちろん通称ですw F-03Cは、もう少し作り込まれていれば最高のケータイだったのですが…。詳細はこちらのエントリをご参照ください。
*2 : なんだかんだで、トレシーはすでに5~6枚は持っていますw 当初は眼鏡クリーナーとしての用途がメインだったのですが、劇的な汚れ落とし性能により、様々な使われ方をしています。タッチパネル主体のスマートフォン時代が幕を開けようとしている昨今、ケータイユーザーの必須アイテムになるかもしれませんね。

F-09C/F-12C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイト
F-09C/F-12C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイトへ
TAG : F-11C
14:09 | Trackback : 0 | Comment : 0 | EDIT | TOP
検索フォーム
スポンサーリンク
なかのひと

三男パパ

Author三男パパ

Twitter@knob_papa
FacebookNobuyasu Kamata
Instagramknobpapa
生まれ東京都
住み処埼玉県

独学で自社関連のWebサイトを作っています。こんなサイトとか、あんなサイトとか。お暇ならどうぞ。

on-line:/total:

カテゴリ

openclose

最新記事
メールフォーム
ご意見・ご感想をお寄せください

お名前:

メアド:

件名:

本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。