三男パパのHP更新奮闘記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | EDIT | TOP

リプライと非公式RT

Twitter_20101227130327.jpg 最近どうにも納得のいかない「リプライ代わりに使う非公式RT」。
ということで私見たっぷりの見解を。


リプライ・公式RT・非公式RT・DMの定義
個人的には、以下がそれぞれの本来の機能・働きだと理解しています。
  • リプライ/メンション
    「リプライ(reply)」が「返事」を意味するとおり、ある特定のアカウントに向けて返信する場合に使う。「返信」だけでなくいきなり「発信」する場合にも用いる。ツイートの冒頭に「@+アカウント名」を入れることで送信可。ツイートの途中に「@+アカウント名」を入れると「メンション(Mentions)」(「言及」の意)となる。公式サイト等では「@関連」としてひとまとめになっている。
  • 公式RT(リツイート)
    誰かのツイートを、自分のフォロワーに広めたい場合に使う。Twitter公式サイトで「リツイート」をクリックすることによりリツイートできる。
  • 非公式RT(リツイート)
    公式RTにあえて自分のコメントを付加したいときに使う。Twitter公式Webサイトでは原則使えない(ツイートをコピペして前に「RT」を付けて手動で、という方法はある)。ほとんどのTwitterクライアントには、簡単に非公式RTができる機能が付いている。クライアントによってはQT(Quote Tweet)と表記しているものもある。
  • DM(ダイレクトメッセージ)
    送信先と送信元のアカウントしか見られないメッセージ。ツイートの先頭に「d+半角スペース+アカウント名(@は不要)」を入れることでDMを送信できる。

ということは、非公式RTというのは、極端な言い方をすれば、
該当のツイートを自分のフォロワーに広めたいが、そこにどうしてもあえてコメントを付けたい!
という場合に使うものではないでしょうか?

個人的に納得のいかない非公式RTの用法
以下はよくTLで見かける非公式RTを使ったツイートです。
hogehoge おはありです RT @hoge: おはようございます
非公式RTの本来の意味からすると上記のツイートは、「hogehogeさんはhogeさんの『おはようございます』というツイートを何としてでもフォロワーに拡散したいと切望し、さらにそのRTにどうしても『おはありです』というコメントを付けたかった」ということになります(やや大げさな表現ですがw)。まあ、間違ってもそんな意図はないでしょうから(笑)、このような場合はリプライで十分なはずです。

フォロワーとしては正直なところ「そんなどうでもいいやりとりをわざわざTLに晒さないでくれ~!」というのが本音でしょう。

まとめ
「Webサービスには明確なルールなどなく、使い手によって様々な使い方ができるのも利点の1つだ」という考え方があることも重々承知しています。でも、わざわざ「リプライ」と「非公式RT」が別のものとして存在するからには、それぞれの役割があるはずです。

フォロワーの皆さんがいてくれるからこそおもしろいTwitterですので、そのフォロワーの皆さんのTLに、訳のわからない非公式RTをわざわざ晒すこともないのではないでしょうか?その非公式RTを見たフォロワーの皆さんがどのように感じるかということまで配慮できる気遣いを持ちたいものです。

以上、あくまで「私見」ですが、皆さんの楽しいTwitterライフに寄与できることを願って。
スポンサーサイト
14:22 | Trackback : 0 | Comment : 0 | EDIT | TOP

[F-01C/F-02C/F-03Cレビュー]絵文字が1つにまとめられて選びやすくなったよ

keitaikaigi_topbanner_004.jpg

F-01C/F-02C/F-03Cでは、2010夏モデルのF-07Bと比べて絵文字の選択がしやすくなりました。

F-07Bの絵文字選択画面
F-07B_001_20101221183403.jpg
▲絵文字1
F-07B_002_20101221183402.jpg
▲絵文字2
F-07B_003_20101221183402.jpg
▲絵文字D(デコメ絵文字)

上記の写真のように、F-07Bでは絵文字は「絵文字1」と「絵文字2」に分かれており、
カメラキーを押す度に「絵文字1」→「絵文字2」→「絵文字D」(デコメ絵文字)と入れ替わります。
「絵文字」が2種類ありますので、
目的の絵文字がどちらのグループに分かれているかを把握していないと、探すのに結構苦労します。

また、いったん絵文字選択画面を終了して再び絵文字を使う場合は、
前回終了時の画面が最初に表示される仕様になっています。
これがなかなか面倒で、例えば前回「絵文字D」で終了した場合、
今回「絵文字2」にある絵文字を使おうとすると、
「絵文字D」→「絵文字1」→「絵文字2」と3回もカメラキーを押す必要があります。
しかも「絵文字D」を表示すると、画面の動きが重く、操作がもたつきますので、
ちょっとイラッとすること請け合いです。

F-01C/F-02C/F-03Cの絵文字選択画面
F-01C/F-02C/F-03Cから絵文字が1つのグループにまとめられ、
カメラキーで選択するのは「絵文字」と「絵文字D」だけになりました。
また、並んでいる順番もジャンルごとに整理されましたので、とても選びやすくなった印象を受けます。
さらに、普段「絵文字D」を使わない人にとっては、
絵文字選択時に「絵文字D」を通過する必要性がなくなったのは大きな改善ではないでしょうか?
(下の写真は全てF-02Cの画面を撮影したものです*1

F-02C_041.jpg
▲絵文字(1/4ページ)
F-02C_042.jpg
▲絵文字(2/4ページ)
F-02C_043.jpg
▲絵文字(3/4ページ)
F-02C_044.jpg
▲絵文字(4/4ページ)

また、F-01C/F-02C/F-03Cでは、絵文字選択画面でページを切り替える際に、
スライドアニメーションの効果が入るようになりました。
(良し悪しは別としてw)



*1 : 上のF-07Bの写真と比べると、F-07Bの液晶の黄色っぽさが目立ちますねw 比べてみるまでは気がつきませんでしたが、並べてみるとずいぶん違うものです。F-02Cが青っぽいのか、F-07Bが黄色っぽいのか…。好みにもよるとは思いますが、個人的にはF-02Cの青っぽい液晶の方がきれいに見えるような気がします。

  • ケータイ会議7関連のエントリ

  • Follow us on Twitter!!

F-01C/F-02C/F-03C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイト
F-01C/F-02C/F-03C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイトへ
17:19 | Trackback : 0 | Comment : 0 | EDIT | TOP

[F-01Cレビュー]タッチパネルを使った文字入力

keitaikaigi_topbanner_004.jpg

タッチパネルを使ったF-01Cの入力方法には、
「手書き文字入力」「タッチキー入力」「タッチQWERTYキー入力」の3つがあります。

手書き文字入力
F-01C_053.jpg
▲縦画面

F-01C_054.jpg
▲横画面

読み取り精度はかなり高いです。
以前の機種からアナウンスされているとおり、絵文字も手書きで入力できます。
でも、手書きがデフォルトって人はさすがにいないでしょうから… ねw
「パスワード入力画面でダイヤルキー入力ができない場合*1の緊急避難用」としては便利です。
ま、それもパスワードマネージャーを使えば何の問題もないのですが。

タッチキー入力
F-01C_055.jpg
▲縦画面

F-01C_056.jpg
▲横画面

iPhoneなどの「十字フリック」ではなく「扇フリック」です。
sakakiさんもブログで書いていますが、正直なところ、使いにくいことこの上ないです。
直感的に文字を選べないのがイタすぎます。
これは… ないですね…。
慣れるまで使いこなそうとは到底思えませんし、慣れても入力ミスが多発しそうな…。

なお、実際に入力している様子をご覧になりたい場合は下記のsakakiさんのエントリをご参照ください。
動画満載でわかりやすいですよ!

タッチQWERTYキー入力
F-01C_057.jpg
▲縦画面

なんなんでしょうね、この縦画面の強引さは(笑)。
「とにかく詰め込んだ」感満載!!*2

でも、こんなへんてこな配列にもかかわらず、不思議とキータッチに迷うことはほとんどありません。
自分でも驚きましたw

F-01C_058.jpg
▲横画面

さすがに横画面のQWERTYキー入力はそれなりに使いやすいです。

タッチパネルを使った文字入力はありか?
結論は「なし」です。
確かに、タッチパネルを使った「スクロール」は快適かつ便利なのですが、
タッチパネルでの「文字入力」は、常用には耐えられない仕様です。

「激速タッチパネル」と銘打って、スマートフォンと対等に渡りあおうとしているF-01Cですが、
結局「タッチパネルを使った文字入力は、iPhone4*3の方が数倍使いやすい!」という結論に…。
頑張って良いところを探そうとしたのですが、使えば使うほどiPhoneの良さが際立ち…。
やはり最大の失敗は「扇フリック」でしょう。
これが「十字フリック」なら、そこそこ勝負になったかもしれませんが。

タッチパネルでの文字入力に関しては、F-06Bと比べて目に見える進歩がないのが残念でなりません。
タッチパネルの感度を追求するよりもUIを再考すべきでしたね。
極端な話、iPhoneのUIをパクっちゃうぐらいの勢いでもいいのではないでしょうか?w

いっそのこと、タッチパネルはスマートフォンにのみ搭載して、
いわゆるフィーチャーフォンにはあえて搭載しないという方向性もありなのかもしれませんね。

F-01Cは、フィーチャーフォンにおけるタッチパネルの限界を感じざるを得ない1台です。

*1 : 例えば「s」を入力しようとしてダイヤルキーの[7]キーを4回押したら「****」と表示されちゃうような場合です。私はとっさに「手書き文字入力」を使用して切り抜けたのですが、冷静に考えれば「QWERTYキー」で入力してもよかったですねw
*2 : この「すし詰め画面」を紹介したくて今回のエントリを書いたようなものです(笑)。違和感ありまくりですよね。個人的にかなりツボりました。
*3 : スマートフォンはiPhone4しか持っていないんです。Android端末との比較もできれば良かったんですが…。

  • ケータイ会議7関連のエントリ

  • Follow us on Twitter!!

F-01C/F-02C/F-03C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイト
F-01C/F-02C/F-03C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイトへ
10:21 | Trackback : 0 | Comment : 0 | EDIT | TOP

[F-01Cレビュー]通常スタイルとビューアスタイルで異なるメニュー表示

keitaikaigi_topbanner_004.jpg

F-06Bで、個人的に不評を博したメニューデザイン*1でしたが、F-01Cでは若干改善されています。

F-01Cのメニューデザイン
F-01Cでは通常スタイル(キー操作優先状態*2)と
ビューアスタイル(タッチパネル操作状態*3)でメニューの表示が異なります*4

F-01C_048.gif
▲通常スタイルとビューアスタイル(F-01C取扱説明書より)

F-01C_051.jpg
▲通常スタイル時のメニュー表示
F-01C_052.jpg
▲ビューアスタイル時のメニュー表示

ビューアスタイルでのメニュー表示はF-06Bと同様、イケてないデザインですが、
通常スタイルでは、そのイケてないデザインが継承されることなく、すっきりとしたものになっています。
私のように、普段タッチパネルを使わないユーザーにとっては
「行間が広くてなんかカッコわるいなぁ…」という不満は一応解消されました。

そもそも論
でも…
タッチパネルで先行するiPhoneなどのスマートフォンを見る限り、
あえてタッチ操作がしやすいようにメニュー項目の行間を広くする必要などないのではないでしょうか?
ねえ、富士通さん。

*1 : F-06Bでは、タッチパネルでの操作性を考慮したため、項目間の行間がかなり広く取られたメニューデザインになっています。正直なところ違和感ありまくりで、デザイン的にもかなりダメダメでした。詳細はこちらのエントリをご覧ください。
*2 : あくまでキー操作「優先」状態ですので、通常スタイルでもタッチ操作は可能です。今回のメニューデザイン改善により、通常スタイルのまま必要に応じてタッチパネルで操作するというのが個人的にはベストな使用方法のような気がします。Webブラウジングの際のスクロールなんかは、タッチパネルの方が格段に快適ですよ!
*3 : ディスプレイを回転させて折りたたむ「ビューアスタイル」にすると、自動的に「タッチパネル操作状態」になります。キー操作ができなくなりますので、当然と言えば当然ですが…w
*4 : メインメニューまでは共通です。表示が異なるのは第1階層メニュー以降です。

  • ケータイ会議7関連のエントリ

  • Follow us on Twitter!!

F-01C/F-02C/F-03C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイト
F-01C/F-02C/F-03C 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイトへ
23:13 | Trackback : 0 | Comment : 0 | EDIT | TOP

iD×ミニストップ

iDxMINISTOP.jpg

1ヶ月以上前に発表されていましたので「今さら感」満載ですが、
いよいよあと半月に迫ってきましたので備忘録的にエントリを。

2011年1月からdocomoのiDが全国のミニストップでも使えるようになります。
これで主要コンビニエンスストア全店で使えることに*1
iDが使えないという理由だけで、ミニストップから足が遠のいていましたので、
個人的には嬉しいニュースです*2
おサイフケータイユーザーの皆さんにも朗報ではないでしょうか。

それにしてもiDのアクセプタンスマークって … なんだか怖くないですか?w

*1 : すでに全国のセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクス、am/pm、スリーエフ、セイコーマート、デイリーヤマザキなどでiDを利用したおサイフケータイでの買い物ができます。こうやって挙げてみると、現在iDが使えないのはミニストップぐらいですね。
*2 : 現在、全くお小遣いをもらっていない身としては、iDが使えるかどうかがその店舗を利用するかどうかの重要な判断材料の1つになっています。モバイルSuicaも絶賛利用中ですが、iDとモバイルSuicaがあれば、1日中おサイフケータイだけで過ごすこともしばしば。「久々に財布を開いた」なんてこともしょっちゅうです。ってか、おサイフケータイがないとたぶん生きていけませんw 便利な世の中になったものですね。
19:37 | Trackback : 0 | Comment : 0 | EDIT | TOP
検索フォーム
スポンサーリンク
なかのひと

三男パパ

Author三男パパ

Twitter@knob_papa
FacebookNobuyasu Kamata
Instagramknobpapa
生まれ東京都
住み処埼玉県

独学で自社関連のWebサイトを作っています。こんなサイトとか、あんなサイトとか。お暇ならどうぞ。

on-line:/total:

カテゴリ

openclose

最新記事
メールフォーム
ご意見・ご感想をお寄せください

お名前:

メアド:

件名:

本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。