三男パパのHP更新奮闘記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | EDIT | TOP

リプライと非公式RT

Twitter_20101227130327.jpg 最近どうにも納得のいかない「リプライ代わりに使う非公式RT」。
ということで私見たっぷりの見解を。


リプライ・公式RT・非公式RT・DMの定義
個人的には、以下がそれぞれの本来の機能・働きだと理解しています。
  • リプライ/メンション
    「リプライ(reply)」が「返事」を意味するとおり、ある特定のアカウントに向けて返信する場合に使う。「返信」だけでなくいきなり「発信」する場合にも用いる。ツイートの冒頭に「@+アカウント名」を入れることで送信可。ツイートの途中に「@+アカウント名」を入れると「メンション(Mentions)」(「言及」の意)となる。公式サイト等では「@関連」としてひとまとめになっている。
  • 公式RT(リツイート)
    誰かのツイートを、自分のフォロワーに広めたい場合に使う。Twitter公式サイトで「リツイート」をクリックすることによりリツイートできる。
  • 非公式RT(リツイート)
    公式RTにあえて自分のコメントを付加したいときに使う。Twitter公式Webサイトでは原則使えない(ツイートをコピペして前に「RT」を付けて手動で、という方法はある)。ほとんどのTwitterクライアントには、簡単に非公式RTができる機能が付いている。クライアントによってはQT(Quote Tweet)と表記しているものもある。
  • DM(ダイレクトメッセージ)
    送信先と送信元のアカウントしか見られないメッセージ。ツイートの先頭に「d+半角スペース+アカウント名(@は不要)」を入れることでDMを送信できる。

ということは、非公式RTというのは、極端な言い方をすれば、
該当のツイートを自分のフォロワーに広めたいが、そこにどうしてもあえてコメントを付けたい!
という場合に使うものではないでしょうか?

個人的に納得のいかない非公式RTの用法
以下はよくTLで見かける非公式RTを使ったツイートです。
hogehoge おはありです RT @hoge: おはようございます
非公式RTの本来の意味からすると上記のツイートは、「hogehogeさんはhogeさんの『おはようございます』というツイートを何としてでもフォロワーに拡散したいと切望し、さらにそのRTにどうしても『おはありです』というコメントを付けたかった」ということになります(やや大げさな表現ですがw)。まあ、間違ってもそんな意図はないでしょうから(笑)、このような場合はリプライで十分なはずです。

フォロワーとしては正直なところ「そんなどうでもいいやりとりをわざわざTLに晒さないでくれ~!」というのが本音でしょう。

まとめ
「Webサービスには明確なルールなどなく、使い手によって様々な使い方ができるのも利点の1つだ」という考え方があることも重々承知しています。でも、わざわざ「リプライ」と「非公式RT」が別のものとして存在するからには、それぞれの役割があるはずです。

フォロワーの皆さんがいてくれるからこそおもしろいTwitterですので、そのフォロワーの皆さんのTLに、訳のわからない非公式RTをわざわざ晒すこともないのではないでしょうか?その非公式RTを見たフォロワーの皆さんがどのように感じるかということまで配慮できる気遣いを持ちたいものです。

以上、あくまで「私見」ですが、皆さんの楽しいTwitterライフに寄与できることを願って。
スポンサーサイト
14:22 | Trackback : 0 | Comment : 0 | EDIT | TOP

とうとうあの『コボちゃん』にも!

コボちゃん今朝の読売新聞朝刊です。
とうとうあの『コボちゃん』にもTwitterの話題が!

コボちゃんのパパ悩んでますねぇ(笑)。
パパのつぶやきが
そのままツイートになっているところが絶妙です。

コボちゃんのパパに限らず、
きっと世の中にはこういう方が多いのでは?
Twitterって端から見るとよくわからないですからね…。
私も最初はそうでした。

そんな悩める人たちへのアドバイスはただ1つ。
「とりあえず始めてみましょう!」

Twitterはブログほど大変なものではありませんので、
パソコンさえあればいつでも気軽に始められます。
きっと世界が広がりますよ。

知り合いの先生が
「Twitterを始めてから、
いろいろな人の言葉に触れ、自分の世界が広がった」
という趣旨の発言をしていました。
私もつくづくそう思います。
様々な価値観を含むツイートに触れることにより、
「井の中の蛙」だった自分の世界が広がりました。
ずっとこの業界にいると、
ともすれば非常に狭い世界で生きていくことになりかねないですから。

まれに見かける「我こそ全て」的な横柄な態度の塾の先生にも、
ぜひともTwitterをすすめてみたいものです。
少しは謙虚な気持ちを持ってくれるようになるのではないでしょうか(笑)。

それにしても、いつの間にかコボちゃんのパパの年齢を超えていた自分にびっくり!
もうすぐバカボンのパパに追いつくアラフォー世代です(笑)。
11:37 | Trackback : 0 | Comment : 0 | EDIT | TOP

ホー!HootSuiteからのメッセージが素敵だ。(フクロウだけにw)

hootsuite

フォロー数が100を超えたあたりから愛用しているTwitterクライアント「HootSuite」。
そのHootSuiteのメンテナンス画面のメッセージがとても素敵だったのでご紹介。

  • 英文
Owls need a break sometimes too

We'll be back in action shortly -- in the meantime go outside and flap your arms around, you may find that flying ain't very easy.

  • 日本文
フクロウはときどき休まないといけないのです。

復旧するまでそれほど長い時間はかからないと思います。その間、ちょっと外に出掛けてみて、腕をぐっと伸ばし、そして空高く羽ばたくことは実際には結構難しいのではないかなどと考察してみるのはいかがでしょうか。

さーて、仕事に疲れた皆さん、
ちょっと外に出掛けて、腕をぐっと伸ばしてみましょうか!

12:19 | Trackback : 0 | Comment : 0 | EDIT | TOP

いつの間にか日本語に!

Twitter is over capacity

普段はWeb上の公式サイトでTwitterをやることはめったにありませんので、
あまりクジラさんに遭遇することはないのですが、久々に遭遇してびっくり!
なんと、いつの間にか日本語表記に変わっているではありませんか!!
以前は「Twitter is over capacity」だったはずですが、
「ツイッターのキャパシティを超えています」となっています。

あまり遭遇したくないイラストであるのは確かですが、イラストだけを見るととても素敵ですよね。
今や「世界でいちばん有名なイラスト」と言っても過言ではないこのイラストは
グラフィック・デザイナーYiying Luさんが描いたものです。

Yiying Luさんのギャラリーは以下のリンクからどうぞ。
イラストは中段あたりの「Illustration」をクリックすると見られます。
イラスト以外にも様々な作品が紹介されていますので、ごゆっくりご堪能ください。

11:57 | Trackback : 0 | Comment : 0 | EDIT | TOP

マインズにおけるTwitterの与えた好影響

Twitterイメージ

会社全体でTwitterを導入しようと提案してから40日ほどが経過しました。
ここでTwitterを導入したことによる好影響をまとめておきます。
(長々と下書きをし、何回も推敲したのですが、上手くまとまらなかったのでエッセンスだけをエントリに)

  • マインズにおけるTwitterの与えた好影響
  • 社内の情報共有 (お互いに何をやっているかを把握出来る)
  • 簡単な業務連絡に利用 (メールするほどでもない簡単な連絡に利用)
  • 社員のガス抜き効果 (本音が漏れ聞こえたりw)
  • 社員が気軽に情報発信 (意外な一面が見えたりw)
  • コミュニケーションが向上 (総括するとこれにつきる!)

夏期講習が始まると、社員同士といえども同じ教室で働いていない限り
1ヶ月半ほど顔を合わせることがなくなります。
今まで講習中は、他の社員がどんな状態なのかをお互いに把握することは難しかったのですが、
Twitterを始めてからは「今日も元気そうだ」とか「今日は忙しそうだ」という
他の社員の状況を把握出来るようになりました。
会社発展のために社員同士のコミュニケーションが欠かせない中小企業にとっては、
これは非常に大きなメリットだと言えるのではないでしょうか。

「今日はkmジョギングしました」とか「今○○まで来ています(○○なう)」という内容は、
わざわざメールで他の人に知らせたりしませんよね。
そんな日常の何気ない行動までお互いに知ることができるということが、
社員同士のコミュニケーション向上につながるのだと思います。

また、業務メールでは絶対にやらないような
ボケツイートにリプライでツッコミを入れるなんてことも。

もちろん「忙しい業務が余計に煩雑になる」等のデメリットもないわけではありませんが、
それを補って余りあるだけのメリットがあると感じています。
もともとはホームページの情報発信を拡げるためのツールとして導入したのですが、
予想外の好影響に驚いています。

お互いに勝手につぶやいているだけでコミュニケーションが深まる。
そう考えるとTwitterっておもしろいツールですね。

@knob_papa
Twitterもやっています!
07:44 | Trackback : 0 | Comment : 0 | EDIT | TOP
検索フォーム
スポンサーリンク
なかのひと

三男パパ

Author三男パパ

Twitter@knob_papa
FacebookNobuyasu Kamata
Instagramknobpapa
生まれ東京都
住み処埼玉県

独学で自社関連のWebサイトを作っています。こんなサイトとか、あんなサイトとか。お暇ならどうぞ。

on-line:/total:

カテゴリ

openclose

最新記事
メールフォーム
ご意見・ご感想をお寄せください

お名前:

メアド:

件名:

本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。